スマホをどこへやったか分からなくなった時の対処方法

50代に入ってくるとほんとに物忘れがひどくなります。今までは外へお出かけするときなんかは、ズボンのポケットなんかに財布、車のキー、家の鍵やら当然スマホもバンバン押し込むようにいれてました。

それでどこへ出かけても、それらポケットの所持品を忘れることなくお出かけから帰ってくることができ,それが普通だったんです。

でも・・・それがふつうに 財布、車のキー、家の鍵、スマホなんか何処へ置いたか何時なくしたのか、全く気付かないまま家に帰ってきて着替えるときに初めて気づくようなことが多々あるようになったんです。

やっぱり50代に入ると、なんていうかその時々の注意力があからさまに落ちていることに我ながらハッキリと気付きます。

物が無くしてはいけないものだけに、これは何とかしないと、一式入れられる小さめのショルダーバックを買いました。 でもショルダーバックごと置き忘れるようなことも・・・

ハッキリ言って両手がシンプル イズ ベストが好きなため、カバンを身にもってお出かけするようなことはまずしたことがありませんでした。

そんな出かけ先で忘れ物をするようになった時は、スマホが位置発信機になることを覚えておくと便利です。

これにはパソコンか他のモバイル端末が必要です。それとgoogleアカウント。 これらで無くしたスマホのgoogleアカウントと同じアカウントでセキュリティーに入り、お使いのデバイスで紛失したデバイスや盗難にあったデバイスを探すをクリックします。そして紛失したスマホをクリックします。そうするとgoogleマップで紛失したスマホの位置を特定してくれます。

この方法はスマホに登録されたgoogleアカウントを使用しているので一切のアプリをダウンロードしなくても使える標準装備なので悪用しないようにされないように注意してください。又「セキュリティと位置情報」をタップし、「プライバシー」を選択して「位置情報」をタップし「位置情報の使用」を解除すると、すべてのアプリやシステムで位置情報を取得できません。

ただし、今どきのスマホは多彩なアプリが使えるため位置情報サービスを利用しないと正常に動作しない、完全にオフにするとスマホの使用にかなりの制限をきたす場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です