50代からのモニタ画面設定

今の所そこまではパソコンを使っていて画面の色や明るさなどについて特に気にとめてもいなかったんですが、ここ最近ではパソコンモニタ画面についてもいろいろ設定を変更しています。

年を取るとモニタ画面、家の中、外へ出かけたとき、ショッピング、さまざまですが光に敏感になった、弱くなったと感じます。とにかく強い光は眩しいと感じるようになりました。

これは当然目にも優しくありません 強い光を発するパソコン画面から目を守らなければなりません。

まずモニタにはいろいろな種類がありますから皆さんがお持ちのモニタと設定内容が年式によっても全然異なります。ただ基本的に私のような光に敏感になった、眩しいと感じられる方は少し調整するだけでも目が楽になると思います。

モニタ輝度 、コントラスト=鮮やかさ、ブルーカットの項目だけでも変更すると自分なりに見やすい画面になると思います。

あとはWindows10にも標準でディスプレイの調整ができます。コントロールパネルから

カテゴリを選んで右上の大きいアイコン、そこから色の管理に入ります

そして詳細設定→ディスプレの調整に入ります

あとは自分に合った設定で基本的には良いと思います。ただそのモニタ画面でカメラ写真の画像処理をする方や画像コピーでプリントアウトするような方は色合いが変化するのでそこは再度調整が必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です